穴あけが必要な場合

2014.11.30 Sunday

0




    作業上 どうしても穴をあけないとアクセスできない場合があります。また、ヘコミの裏にアクセスすることができても、うまく力がかからない、作業体勢が悪いなどの理由で穴をあける場合もあります。よくあるパターンはリアフェンダーのタイヤハウスよりも前側で、リアタイヤハウス内に穴をあけるような場合です。

    写真のように6ミリから、20ミリほどの穴をあけて作業します。作業後は防水のシーラーを塗って専用のキャップで蓋をします。
    コメント
    コメントする