山賊クラブ 新田山BCツアー

2015.03.15 Sunday

0

    佐伯知彦氏の山賊クラブBCツアーに初参加してまいりました。
    焼山温泉から、新田山へ 標高差500Mほどのらくらくツアー


    バリ晴れです。出発時点で5度以上はありそうです。日射量がすごい。


    17人の大所帯でさくさく進みます。


    日があたっている斜面は猛烈に腐った雪になってます。暑い!


    ランチ地点につきました。焼山、火打山の絶景 風もなく、素晴らしい五月晴れ(3月だけど)


    今日は余裕の山頂です。でも大汗かきました。


    山頂で滑降準備中。


    最高のパウダー!!!かとちょっと期待しましたが、信じられないほどのストップスノーで毎回転倒しながら落ちてきました。
    でも斜面は最高。



    焼山温泉の掛け流しの露天風呂でゆっくりしてから帰ってきました。やっぱり最高でした。
     

    うろこざんまいイン岩岳スキー場

    2015.03.14 Saturday

    0

      先週のてれまくりにつづいて、岩岳のうろこざんまいにやってきました。
      かなりこじんまりしてます。いしきだ先生にも会えました。



      ぜんぜんウロコじゃないけど、エランの板もあります。HIMARAYAは軽くてゲレンデにはさいこうかな。


      Dynastarです。軽いけど。。。ちょっと違うかな。

      みんなでゲレンデの未圧雪(すでにパウダーとはいえない)前転数回


      午後はBCクロカンを借りてやっぱり未圧雪面ツルのモナカ雪フロントフリップツアーでした。
      BCクロカンはイベントやツアーで借りて乗るのがよろしいみたいです。独りでするのは???です。

      この後イベント終了時刻まで、細板数本試乗して、足がフラフラになるまで楽しみました。

      志賀高原スキー&てれまくり

      2015.03.08 Sunday

      0
        一泊二日の志賀高原スキートリップです。初日 横手山、二日目 てれまくり(テレマークスキーの試乗会&お楽しみイベント大会)でたっぷり楽しむ予定です。


        9:00すぎにはリフトに乗って横手山に向かいました。山頂は風があるものの、時折青空も見えてラッキーお天気です。
        渋峠スキー場を何本か回して、有名な横手山のパン屋さんでお茶タイムしました。


        パン屋さんのカウンターでお茶中。外は良い天気になって笠ヶ岳がよく見えます。


        横手山を降りてパスに乗って焼額、奥志賀に向かいました。奥志賀まで滑って一の瀬に戻り、途中でラ・フォーレ志賀のバンに拾ってもらってなんとか宿までたどり着きました。ラ・フォーレ志賀はとってもリーズナブルな上に豪華なお食事で大変満足でした。

        そして二日目。車で一ノ瀬のてれまくり会場に向かいました。早速今回のメインイベント、試乗です。


        まずはボレー、チャージャーです。センター110のウロコ板。第一候補です。
        170センチですがロッカーのため短く感じます。くるくる軽快にターンできますね。やっぱりかなり気に入りました。上りもまずまず、滑走性もまずまず、そしてビンディングが良いです。軽くてアッセントモードはめちゃ楽でした。


        G3 スティンガー78 センター78のウロコです。滑りの安定性はちょっと?でした。上りは◎ 良く効きます。軽快ですね。


        BD カーボンアスペクト 軽い!ビンディングがちょっと思いにもかかわらず軽いです。その割に滑りは安定していてフラフラ感はあまり無いです。デザインが良いですね。上手く見えるかも。ビンディングもアッセントモードが良いです。ヒールワイヤーが収まり悪い感じで気になりました。ぶらぶらしすぎかな。


        BC125 来年モデルのデザインです。今年よりも相当かっこ良くなってます。センター90ですが、なんと3Pin。いいのか?
        3Pinは軽くてシンプルで最高なんですが、やっぱり爪先立ちになりますね。乗りこなせればかっこいいのか?でもこの組み合わせは?でした。あとテールが太い。パウダーで潜ってしまいそう。


        マズシャス アナム センター78です。スティンガーなどこのシェイプは多いですね。なかでもこれは一番乗りにくい感じでした。なんでかよくわかりませんが、いまいちしっくりこないと言うか、不安定、ふらふら感があります。


        ブルーモリス ランドネーX 正直あまり期待していなかったですが、意外なほどの乗りやすさ、回しやすさにびっくりです。軽くて、短くてくるくる回ります。でも不安定ではありません。あまりスピード出すとダメかも。ウロコはこれだけがネガ(滑走面を掘ってあるタイプ)なので、滑りは違和感なし。ほんとうに自然です。上りはポジに比べると半分くらいの斜度でスリップしますが、滑走性とのバランスはアリだと思いました。


        BC110 センター78 スティンガー、アナムとほぼ同じシェイプです。これが一番乗りやすかったかも。でも3Pinです。この組み合わせでは違和感なかったです。(?) 結構ありかも。デザインも良いですね。ポジの上り、滑走性はどれもほとんど変わらない感じでした。

        センター78タイプは3Pinのシンプルさが魅力ですね。アッセントモードがなくても柔らかくて登りやすいです。(クライミングワイヤーは必須です)テレマークスキー2台でパウダーから5月いっぱい滑るとすると、パウダーが楽しい太板とかる〜い細めの板にしようかと思います。太い方は90〜110、細い方は80〜65くらいかな。細い方に今のブーツが使えるのか?使えないなら3Pinプラブーツ?革靴?BCクロカンか?と、楽しい悩みが尽きないこの頃です。


        午後からは申し込んであった山田誠司氏のレッスン。個別の指導はありませんでしたが、とっても参考になりました。
        山田誠司さんの滑りは、滑らかで柔らかくて流れるような動きでしたね。よいイメージトレーニングも出来ました。

        湯田中温泉に入って19:30には家につきました。お天気に恵まれた中身の濃い〜二日間でした。

         

        白鳥山BC 1150まで

        2015.02.28 Saturday

        0

          富山県と新潟県の県境、栂海新道で有名な白鳥山です。お天気は高気圧がバッチリ張り出して一日お天気予報です。
          トップ1268M 登り始め150M 標高差1000Mオーバーです。山頂は無理でも行けるところまで行って見ようと、佐渡氏と7:30に出発。まずは林道を400M地点まで登ります。


          800Mくらいで今日一の斜面に遭遇。ここまでかなり急斜面もありましたが、固めのベースに新雪10センチほどで登りやすいコンディションです。


          900Mで北尾根ルートと合流。ここで山頂までのルートが見渡せるように。テンション上がりまくりです。


          ソアリングしている鳥。少しづつ上げてました。


          美しい風景をさくさく登っていきます。風もなく、温かい最高のBC日和。


          1150M地点。尾根の真ん中だけカリカリに凍っていましたが、なんとかジグを切りながら登ってきました。が、少しづつ湧いてきた雲で真っ白になりそう。12:30山頂まで100Mちょっと、30分ほどだと思いましたが、真っ白くなる前に撤退を決断。

          少しだけ休んで、シールを外して登ってきた尾根を滑走開始。

          標高差1000Mを初めて登ったあとで、やはり足がガクガクです。何度かガリガリでころびながら800M地点まで来ましたが、ついに足がつってしまいます。水分補給、お薬で何とかなりました。あとはゆるゆると林道を滑って車の横に到着しました。7時間余りの行程で程よい疲れでした。

          大品山BC激ラッセルの巻

          2015.02.15 Sunday

          0
            日帰り二日目のらいちょうバレースキー場は昨晩の降雪でリフトがなかなか動きません。集合時刻を10時に変更して天気の回復を待っているとやっぱり少しずつ回復してきました。10時40分 ゴンドラ山頂駅を出発します。



            トレースは少しありましたが、すぐに追いついてそのままラッセル一直線。
            スノーシューはひざ上ぐらいまでのラッセルです。



            大品山手前の細尾根もなんとかスキーのまま通過してめでたく山頂に到着。
            少し休んでお楽しみの滑走。トレースもあって皆さん無事に降りてきました。

            ゴンドラ山麓駅では豚汁やきのこ鍋を頂いて、吉峰の温泉でフィニッシュでした。